よさこいワークショップやってみた

 

 

エイショイ。

とよしま(@c5meganemegane)でござんす。

 

先日、語学学校にて「YOSAKOIワークショップ」なるものを開いてみたので、その模様をレポートしちゃうよ。

今回は文章も短めなので、お手軽にみてやってくだされ。

 

なんでワークショップをやろうと思ったんだい

 

ありがたいことに、先週行ったイベント以来、たくさんの方によさこいについて興味をもっていただきました。

でもやっぱり、よさこいは踊ってこそ、その面白さがわかると思うので。

 

「日本人のかたに広めるのもアリよね」

ってことで、スタッフのやっしーさんに頼んで、ワークショップを開かせてもらうことになりました。

 

こんな感じで広告もつくってみた。

拙い…。デザインのセンスが欲しい今日この頃でござんす。

 

ワークショップやってみた

 

ワークショップの内容はいたってシンプル。

ワシが参加者のみなさんに、よさこいの代表演舞「南中ソーラン」を教えるというもの。

1時間のワークショップなので、1番とラストのみレクチャー。

 

 

人が来ないんじゃないかとヒヤヒヤしていたんだけど、ありがたいことに、たくさんのご参加をいただきました。

なんと、下は20、上は58歳まで!めちゃくちゃ新鮮な経験をさせていただきました。

 

みなさんバリバリやってくださって、翌日にはしっかり、筋肉痛の報告も。笑

 

楽しんでくれてるのをみると、最初から振りを教えたい気持ちでいっぱいでした。

前にも言ったんですけど、南中の最初の構えは、なぜかめっちゃウケます。笑

 

 

これね。

聞けば、めちゃめちゃ前傾姿勢してるのがおかしいらしい。

たしかに、他の踊りでこういう姿勢ってなかなか見ないかもなあ。

またひとつ発見がありました。

 

まとめ

 

というわけで、1時間のワークショップも無事終了。

ひさしぶりなのもありましたが、ワシもめっちゃ楽しんでレクチャーさせていただきました!

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!

 

さて、ワークショップのあとは、なんと、カフェで踊ってきましたよっと。

その模様は次回!!

読んでいただきありがとうございました!