ジョーブログ・ジョー著「瞬発力の高め方」を読んでみた

 

 

エイショイ。

今週末からの旅の準備がまったくすすんでおりませぬ。

とよしま(@c5meganemegane)やで。

 

旅先にはkindleを持ってきているので、人気youtuber「ジョーブログ」のジョーさん著「瞬発力の高め方」を購入してみた。

案の定、旅へのモチベーションは爆上がり。

ジョーさんのシンプルかつ愚直な言葉に、きっと背中を押してもらえるはず。

 

そもそもジョーさんを知らない人もいると思うので、ご紹介含めレビューします。

ジョーブログとは

 

 

ジョーさんの肩書きは一応、今をときめくyoutuber。
Youtubeチャンネルはこちら。

ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】

 

Twitterはこちらね。

 

極寒の北米大陸を横断、アマゾン川いかだ下りなど、数々のチャレンジを続けているジョーさん。

ジョーさんが北朝鮮を訪れている動画があって、それを見て以来、ワシもすっかりファンになってしまった。

かざらない泥臭さがかっこいいんですよ。

ワシが旅に出るうえでいちばん影響を受けた人かもしれない。

 

ジョーさんは現在、アフリカを横断中。

インスタのいいね×0.1円が生活費になるという今回の旅。

 

せっかくなんで、インスタのURLもはっちゃう。

 

みんな、インスタフォロー、いいね、ほんまよろしくな!!(乗っかる)

 

「瞬発力の高め方」に学んだ3つのこと

 

「目標達成型」と「展開型」

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””]人にはふたつの型があると思うから。 ひとつはイチローとか本田圭佑みたいに 小さい頃から自分の大好きなことがわかっていて それをコツコツ練習して、結果を積み上げていく目標達成型。 もうひとつは、おれのような展開型。 目の前に現れる欲求、 行ってみたい場所、食べてみたい料理、 会ってみたい人物、読んでみたい本…… 小さな点が星みたいにいっぱいあって、 それらを一個一個拾いまくることにより、 人生をどんどん枝分かれさせていく。 星と星は必ずつながる。 後ろを振り返ってみれば、ストーリーは一本になっている。[/perfectpullquote]

 

じぶんでいうのもなんだけど、ワシの過去はそんなステキなものではない。

小中ではそこそこのいじめをうけるわ、アメブロでは悪口かかれるわ、中高の部活は気にせずともいい人間関係に、どこかしんどい思いをするわ。

おもえば、なにをやるにしても中途半端だった気がします。

 

すげえ業績をおさめている人に対して「まあ、あの人は昔からの積みかさねがあるから…」となることって、たぶんたくさんの人が経験したことあると思うんですよ。

イチロー選手に対してなんか、まさにそう。

小学校やってた野球を続けていれば、ちょっとは変わってたかなあとか、いまだに思います。

 

だからこそ、ジョーさんのこの指摘は衝撃的でした。

これまでのことも自分の糧になっていると信じて、やることやるしかないんですよね。

ジョー流・ものごとのはじめ方

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 現場に立ったとたんにビクビクする。 なんやろ、高揚感、緊張感、不安感、ごちゃまぜになる。 ところがそのへんのビビりとちゃうのは それでもやりたいから、 ビビっても、ちゃんと工夫してやってるってとこや。 どうするか。

どんどん決め事をして、逃げられないように、 自分を追い込むようにしてる。 日付と時間を決める。 マネージャーとか、カメラマンの予定をおさえる。 その重要人物と会うっていうアポを入れる。 航空券を取ってしまう。 「まじか取っちゃったわー」とか言いながら、 「やっぱりやめる」という選択肢を、自分で一個一個消していく。 やるしかない状況にしてもうてんから、もうやるしかない。 だから実行にうつす瞬間とかは、 もう本当にバンジージャンプみたいな感じで よし飛ぶぞ! うす! とか言って、 怖いけど飛ぶ。そういう感覚を大事にしている。   [/perfectpullquote]

 

自身をクソビビりだと語っていたジョーさん。ひとりだとナンパもままならないらしい…ほんまかえ。

人によると思うけど、個人的にはこのやり方は効果的です。

 

ワシの場合はけっこう、周りに言った時点で意地のようなものが自分の心にある。

「恥かきたくないなー」っていうかんじの感情。

そうやって自分に言い訳をさせないためにも「YOSAKOI BACKPACKER」のクラウドファンディングをやったところはあります。

 

自分の能力を過信しない

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””]自分ならばできる。 だが「簡単にできる」と思う精神はぶん殴る。[/perfectpullquote]

 

自戒の意味も込めて。

最近の活動でいろいろとありがたいお言葉をいただき、めちゃめちゃ嬉しいんですけどね。

 

やっぱり、まだまだ自分にできることはあるし、今後はひとりで活動を続けていくわけですから。

半年後にはだれも見てないとかやだなあ。笑

がんばります。

 

まとめ

 

ほかにも、日々挑戦を続けてきたジョーさんの、愚直でステキな言葉がたくさん。

じぶんも何か始めてみようかな、そんな気持ちにさせてくれる本です。

そしてなにより、旅への衝動を駆り立ててくれる本です。

ぜひ、読んでみてくだされ。