シンプルで力強い、岡本太郎のことば集「強く生きる言葉」

 

 

昨日とおとといで旅の準備物をいっきに買いました。

10万近い買い物ははじめてなもんで、ソワソワしてます。

とよしま(@c5meganemegane)でござんす。

 

先日ブックオフに行ってみたら、岡本太郎さんの本があったのでかってみた。

非常にすてきな言葉ばかりだったので紹介します。

 

購入したのはこちら。

「強く生きる言葉」税込み560円。

 

岡本太郎といえばやっぱり「太陽の塔」が有名ですけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門は現代芸術。

彫刻だけでなく、さまざまな絵も描いています。

 

たとえば、こんなのだったり

こんなのも。

 

うん、わからん。笑笑

 

芸術に関してはなにも分からないけれど、建築家や芸術家の生き方には憧れるぼくです。

ところどころに入る写真も超かっこいいんですよ、どうです?

 

1ページに一言ずつなので、1時間足らずで読むことができます。

ひとことひとことが心にズシンくる言葉ばかり。

岡本太郎のあふれんばかりのエネルギーをふつふつと感じます。

 

最近「価値ある人生ってなんやろなー」とか「なんで生きてるんやろなー」とよく考えるんですけど、そんな僕の悩みに対する岡本太郎の答えがこちら。

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 成功 人間にとっての成功とはいったい何だろう。 結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。  [/perfectpullquote]

 

「岡本太郎がそう言うなら間違いねえな」と、妙に納得した文章でした。

 

力強く、それでいてシンプルな彼のことばは、ぼくのような絶賛モラトリアム中の学生には特に、刺さるものじゃないかなあ。

「自分の進路はこれでいいんか」と悩む就活生、大学生のみなさん、ぜひ読んでみてください。

きっと、岡本太郎が背中を押してくれます。

そう断言できるくらいおススメな本です。

 

旅に持っていこう。

ありがとうブックオフ。

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 才能 よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、凡人にはむずかしいという人がいる。 そんなことはウソだ。やろうとしないから、やれないんだ。 それだけのことだ。 [/perfectpullquote]

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 意思 意思を強くする方法なんてありはしない。 そんな余計なことを考えるな。 きみは本当は激しく生きたいんだよ。 だから”死”が目前に迫ってくる。 それはとても正常なことだ。 [/perfectpullquote]

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 生きがい いつでも計算を超えた、無目的の闘い、 あらゆる対象への無条件な挑戦を続けることが、 人間的であり、生きがいだと信じている。 [/perfectpullquote]

 

[perfectpullquote align=”full” bordertop=”false” cite=”” link=”” color=”” class=”” size=””] 爆発 自分に忠実だなんていう人に限って、自分を大切にして、自分を破ろうとしない。大事にするから、弱くなってしまうのだ。己自身と闘え。自分自身を突き落とせばいいのだ。炎はその瞬間に燃え上がり、あとは無。全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。それが「爆発」だ。人間は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。いのちのほんとうの在り方だ。 僕が芸術というのは生きることそのものである。人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。 ”芸術は爆発だ” [/perfectpullquote]

とよしま(@c5meganemegane)